地球に優しいエコな暮らし

地球に優しいエコな暮らし

一般家庭の家電製品における消費電力は大きなものとなりますが、ではそれを多い順に並べてみましょう。

  1. エアコン(25%)
  2. 照明(16%)
  3. 冷蔵庫(15%)
  4. 液晶テレビ(5%)
  5. 電気カーペット(4%)
  6. 温水洗浄便座(4%)
  7. 衣類乾燥機(3%)

ここでは四捨五入を省いていますが、大まかに並べるとこのようになります。
そこで、家庭での消費電力を減らすには、上位3品目に対する省エネを重視することが必要です。
もちろん、これらに対して“省エネ機能”が搭載されている製品は多く、買い替えのことには迷わずそれらを選ぶのではないでしょうか。
一説によると、省エネ機能を有効にすることで20〜30%の電力を減らすことが可能だとされています。

 

続きを読む≫ 2013/07/18 14:34:18

“省エネ家電(エコ家電)”に買い替えることによって、各家庭から排出されているCO2の排出量と消費されている電力量が大幅に変わります。
私たちの家庭から排出されるCO2の1/4が家電製品(主にエアコン・冷蔵庫・テレビ・冷蔵庫・照明など)によるものだと指摘されているため、それを改善すべく、省エネ家電が生まれたといっても過言ではないでしょう。
そこで、実際の省エネ機能を紹介しましょう。

 

まずは【エアコン】

10年前と比較すると電気代が40%ほど抑えられているといわれていますが、これは家電における技術が向上した結果です。“PAM”というインバーター制御技術をと採用し、本来のパワーよりも大きなパワーを作り出しながらも省エネを実現しています。
また、フィルターの目詰まりを放置することで余計な電力を消費してしまいます。よって、小まめに掃除したほうがいいのですが、最近では自動的にフィルターを掃除してくれる機能が搭載されたエアコンがあります。これはムダな電力を使わずに済むための節電ですね。

 

それから【冷蔵庫】

大容量の冷蔵庫を購入したほうが電気代が安くなります。これは断熱効果が高い真空断熱材が使われているため、その分電力の消費が抑えられるからです。
確かに、ひとり暮らし用の冷蔵庫と比べると節電の差は目に見えるかもしれません。
「容量が小さいから電気代がかからない」という発想はもう古いのかもしれませんね。

 

家電量販店でたくさんの製品が陳列されているのを見ると、どれを選んでいいのか?正直わからなくなります。
メーカーや値引き率に拘りを持つだけでなく、このような省エネ機能が充実した製品に重点を置くことが今後、必要とされるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/05/07 23:55:07

私たちが毎日消費している電力は、地球化温暖化の問題に直結しています。
以前はさほど注目されていませんでしたが、近年は家電製品やガス石油機器による電力の消費が増加傾向にあり、
それが地球温暖化を推し進めてしまっているのではないか?という指摘がされています。

 

そこで家電製品やガス石油危機に省エネ機能を持たせるようになりました(省エネ家電)。
それだけでなく、これらは技術の向上と使いやすさという機能性を兼ね備えているので、大きな注目を集めています。

 

「省エネラベル」をご存知でしょうか。
これは2000年にJIS規格として導入された制度で、電力消費機器の省エネ性能を示すラベルです。
省エネ法に基づいて、メーカーが製品やカタログに表示している情報を基準に、
国が定める“省エネ基準”をどの程度達成しているのか?そのレベルを「%」表示しています。

 

マークは2種類あります。
まずは【マークの色】に注目しましょう。
省エネ基準を達成している「グリーン」と未達成の「オレンジ」にわかれています。
それから、マークの右となりに表示されている【省エネ基準達成率】。
達成目標に対して、どのくらい達成できているのか「%」表示されています。
達成率が高い家電製品のほうが省エネ機能がすぐれていることを指し、光熱費を節約できます。

  •  液晶テレビ
  •  エアコン
  •  冷蔵庫
  •  洗濯機
  •  蛍光灯
  •  ガス温水機器
  •  石油温水機器
  •  電子レンジ
  •  ストーブ
  •  温水便座
  •  ガス調理機器
  •  パソコン
  •  炊飯ジャー

これらの家電が対象とされています。
省エネ効果の高い家電製品はCO2の排出量を減らすだけでなく、光熱費の節約にもなるので、
買い替えの際はこちらを意識してみてはいかがでしょうか。

 

続きを読む≫ 2013/04/30 20:45:30

家電製品における技術の向上に驚かされることはありませんか。

 

実際に購入を目的としていなければ気にしないかもしれませんが、
テレビCMで省エネを意識した新機能が紹介されていると、
思わずテレビ画面に目を向けるのではないでしょうか。

 

例えば「人感センサーを採用することで、テレビの電源を自動的にオフしてくれる機能」や
「シャワートイレの蓋の自動開閉」をはじめ、消費電力を抑えたエアコンや冷蔵庫など、
いろいろな家電製品に省エネ機能が付帯されています。

 

そこで、家電製品を買い替えるときには“省エネ家電”を選ぶ方が多くなるのでしょう。

 

ただ、どのくらい省エネされることになるのか?
気になるところではありますよね。

 

家電量販店で店員さんに商品説明を求めると
「従来の製品に比べて〇%節電されることになります」と返答されるかと思います。
その中でも省エネの幅が大きく抑えられるようになったのはエアコンです。

 

10年前と従来の製品を比較すると40%も節電されていることになります。
ここに技術の向上が見られますね。

 

それから、実際に省エネ家電を選ぶとき、どのような点に注意すべきでしょうか。
いちばん簡単な方法としては、目で見ることです。
「省エネ性マーク」や「省エネ性能カタログ」といったものを参考に、製品を比較してみることをおすすめします。

 

続きを読む≫ 2013/04/24 23:31:24

本格的な夏を迎える頃、企業では節電対策が実施されるようになりますね。
「クールビズ」「サマータイム出勤」「冷房温度を2℃上げる」など、極力電力を使わない工夫が組み込まれているでしょう。
そんな節電対策の理由には“地球温暖化”という世界的レベルでの問題があります。

 

その中でも、いちばん問題とされているのが“異常気象”です。
これは私たちが日常生活の中で感じることが多くなったような気がしませんか。
季節外れの雪や30℃を超える真夏日が続くなど、私たちは地球温暖化による異常気象を肌で感じていますよね‥。

 

節電対策は、CO2の排出量を減らすことで地球温暖化を防ぐという目的があります。
それは企業だけでなく、私たち個人単位の“家庭”でも求められることです。
家庭でできる節電の中でいちばん大きな効果は期待できることは“電力の消費を抑える”ことです。
そこで“省エネ家電”を選ぶことが推奨されています。これによりCO2の排出量を減らすためです。

 

日本では電気をつくる方法のひとつとして“火力発電”を採用しています。
電力供給の6割を占めるほど、私たちは火力発電に依存しているのですが、発電の際に欠かせない原料(石油やガスなど)を燃やします。
その結果、それによって大量のCO2が排出され、それが温暖化現象など地球規模の問題に直結しているというわけです。

 

ただ、私たちの生活に電力は欠かせません。
そこで、できるだけ電力の消費を抑えるための省エネ家電を使い、CO2の排出量を減らすための意識を心がけ、健全な地球を維持するよう努力しなければいけません。

続きを読む≫ 2013/04/22 18:04:22

21世紀になってからは、“省エネ家電”が大きな注目を集めています。
これは今、使っている家電を新しく買い替えるときに“省エネ家電”を選ぶという動きの表れとなっています。

 

その理由としては、家庭から排出されるCO2を減らすことです。
地球温暖化による環境破壊が叫ばれている中、どうやったらそれを食い止めることができるのか――?

 

その答えのひとつに、CO2の排気量を減らすことが掲げられています。
これはもはや国家レベルでの問題となっており企業だけでなく、
私たち個人の家庭でもCO2の排気量を減らす努力しなければいけません。

 

私たちの家庭でCO2の排出量がいちばん多いものは家電製品、つまり“電力”です。
それから、ガソリン‥灯油‥ガス‥といった順になります。

 

家電製品と言えば、薄型テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン、照明などなど
これらはすべて各家庭の必需品となっています。そして、多くの電力を消費するものばかりです。

 

そこで、「CO2の排気量を減らすこと」と「節電すること」を目的とした“省エネ家電”を選ぶという動きが加速しているのです。

 

 

 

続きを読む≫ 2013/04/21 17:56:21

ホーム サイトマップ